« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

ミステリーボトル

Dsc00749

これ、、、コニャックらしい。


ロシア語の得意なお客様に翻訳していただいたところ、


ラベルには、大きくコニャックと書いてあるそうです。


原産国ロシア・・・・




あれ?





コニャックってフランスのコニャック地方で造られたブランデーにのみ許される呼称ではなかっただろうか・・・・?


約20年前に現地(当時はソビエト連邦?)でこの得体の知れないブランデーを物々交換したというお客様がRAUMに来店、


私がテイスティングを以来されたワケなんです。


その気になる味わいですが・・・





すいません、内緒です。


このブログを見て来店くださった方には

こっそりハーフショットでサービスいたします。

無くなり次第終了です。


是非、チャレンジして見てください。

|

即興カクテル

Dsc00740

その場でカクテルを創作する。




BARでときどき見かけるシーンですね。




お客様の好みや提示されたタイトルにインスピレーションを受けて即興します。




今回はリンゴのリキュールとグレープフルーツジュースに甘くて飲み易いダーク・ラムをフロートいたしました。




Dsc00743

こちらは、日本酒好きのお客様のために創作。




日本酒にウォッカやオレンジリキュール、フルーツの果汁を使用しています。




写真では、色がオレンジっぽいですが、実はピンクです。




どちらのカクテルもシンプルに仕上がってます。




このように、日々BARではNEWカクテルが生まれています。







ただし、




あまりに抽象的すぎたり、無理難題が多いと

悩んだままカウンター内でフリーズしてしまうこともありますので・・・・




どうぞお手柔らかにお願いいたしますね。

|

2011年1月14日 (金)

タムランブルー

Dsc00672

オリジナルカクテルのご紹介です。

12月からメニューにも登場させて御好評いただいております。


名づけて「タムラン・ブルー」です。


なぜブルーなのに青くないのかと思われる方も多いかと思いますが。


こちらは、失意の若人「田村君」の為に創作したカクテル


意味は

「田村の憂鬱」


故に彼の憂鬱色を表現しました。


実際は少しピンクがかっております。


barフィンランディア マンゴーヴォッカ 15ml

barアリーゼ レッドパッション 15ml

barパイナップルジュース 40ml

barモナン グァバシロップ 3ml

シェークしてソーサー型シャンパングラスに注ぐ


トロピカル感のある、甘く飲みやすい配合となってます。

|

圧寒っ!!

「寒いですねぇsnow

そんな言葉が挨拶代わりになるこの季節・・・・


すでに紋別港から約100キロ沖では流氷が確認されたそうですし、


程遠くない佐呂間町では

本日、朝の気温が-25℃を記録したそうです。


ボクも寒さは得意な方ではありませんが、

RAUMも暖房&加湿器をフル稼働で

この寒い北国の冬を乗り切って行きたいと思いますsweat02


皆様もカゼなどひかぬよう、どうぞお気をつけください。

|

2011年1月 8日 (土)

食LOVE

2011年に入って早1週間が過ぎましたね。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?


RAUMは2日から営業していたワケですが、

ようやくボクも正月気分が抜けてきたところです。




さてと、




今日はRAUMで時々ご用意する酒以外のメニューのご紹介です。

Dsc00718 Dsc00722

「牛肉の赤ワイン煮込み(ほぼビーフシチュー)」&「黒毛和牛のローストビーフ」

でございます。


ワインとのマリアージュが楽しみになりますね。


以上

BAR RAUM気まぐれメニューでした。

| | コメント (0)

2011年1月 2日 (日)

BAR RAUM 2011

Photo            

      皆様、2011年 明けましておめでとうございます。

         昨年は、紋別市内、北海道内外から、

      たくさんのお客様にご来店いただきましたことを

            心よりお礼申し上げます。

  

        今年も、私ともどもBAR RAUMを

         どうぞよろしくお願いいたします 。

                           

        RAUMは新春2日より営業となります。

    スタッフ一同 皆様のご来店、心よりお待ちしております。

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »